loading

ECC 学校法人 山口学園

(H)憲法ⅠA

科目概要

科目名 (H)憲法ⅠA
担当教員 津田 絢子
実務経験の有無 あり
実務経験 大学・専門学校・予備校・塾いずれかで教授経験があります。
単位数 2
授業形態 講義+演習
学期 前期
科目概要  日本国憲法の特徴と全体像が理解できるような講義を行う。日本国憲法の人権保障と統治機構に関する主要な諸規定や基本的諸事項についての分かりやすい説明を行う。考察の対象となる憲法諸規定の解説については、可能なかぎり判例や有権解釈に触れつつ、通説的見解に基づいた解説を行う。  授業では、憲法への親しみが湧くよう、ビジュアルな要素を取り入れたパワーポイントによる授業を実施する。毎回、授業内容についての確認テストを実施する
学習到達目標 ・憲法とはどのような法で、日常生活にどのように関わっているのかを知る。 ・憲法の理念、各種人権の内容、統治機構のしくみについて理解する。 ・論理的に考える力を身に付ける。
テキスト
成績評価方法 試験30% 平常点50% 課題点20% で評価します。
授業計画
1 憲法とは、近代立憲主義から現代立憲主義へ(レポートについての説明)
2 憲法の基本原理【レポート指導①】 憲法の基本原則とその関係について考えよう
3 人権総論(人権とは、人権享有主体性)【レポート指導②】 動物や植物には権利が認められないのはなぜだろう。判断能力が不十分な者には権利がみとめられるのだろうか。
4 私人間適用、包括的人権【レポート指導③】 個人間においても憲法の考えは反映されるのだろうか。幸福追求権の「幸福」とは何だろう。
5 法の下の平等(憲法14条)【レポート指導④】 みんなを同じに扱うことが本当の「平等」だろうか。「特別扱い」することは「不平等」なのだろうか。
6 内部的精神的自由権(思想良心、信教、学問の自由) 心の中は絶対的に保障されるとはどういう意味だろうか。学問の自由はなぜ憲法により保障されているのだろう。
7 外部的精神的自由権(表現の自由、集会結社の自由、通信の秘密) 表現することには価値がある!それはどのような価値だろうか。仮に「表現」できないとするとどのような不都合が生じるのだろうか。
8 【中間評価】 身体に対する自由権 身体が自由でなければならない意味はどこにあるのだろうか。
9 経済に関する自由権 経済的自由は表現の自由よりその保障の程度が劣るのだろうか。同じ憲法上の権利に価値の序列があってよいのだろうか。
10 社会権、参政権と国務請求権 社会権の保障は必要だろうか。自由国家との関係、民主政との関係から再検討してみよう。
11 教育現場における憲法問題(信教の自由と学校)
12 教育現場における憲法問題(いじめと憲法)
13 日常生活における憲法問題(緊急事態宣言と経済活動の自由、移動の自由)
14 権力分立(国会、内閣、行政) 権力分立の意味はひとつではない?その狙いと経緯、その変化を考察しよう。
15 地方自治、憲法改正 国家、都道府県、市町村はどのような関係にあるのだろうか。憲法は「改正されにくい」とはどういう意味だろうか。

※ 授業計画表の内容は学習状況により変更となる場合があります。